2015年秋アニメ雑感(その4 総括編)

粒ぞろいだった2015年の秋クールもとうとう終わってしまいました。今期はかなり視聴本数を絞りましたが、そのおかげで1つ1つをしっかり見ることができたと思うので、来期も厳選の方向でいこうかと思っていたり。

では、そんな秋クールの総括です。

2015秋アニメランキング(全話終了時点)

1位[→]:ルパン三世

安定の面白さで、3ヶ月間1位を守り抜きました。30分なのに映画を見ているかのような満足感のストーリー、イタリアの雰囲気、渋いルパンとその仲間たちをはじめとした一癖も二癖もある登場人物、どれを見ても文句なしのアニメだったと思います。

2位[↑]:緋弾のアリアAA

最後は燃えるアクション展開で評価もうなぎ登り。2位でフィニッシュとなりました。個性的なキャラクター同士の絡みも見ていて楽しかったです。やっと正式なアミカになれたところなので、まだまだストーリーは始まったばかり!二期やってくれるといいなぁと思っています。

3位[↓]:ご注文はうさぎですか??

こころぴょんぴょんってこういうことだったのか!あんまりハマれずに惰性で見ていた一期が嘘のように思えるほど、社会人2年目になってから見るごちうさの味は格別でした。とにかく「かわいい!」とか「癒される!」などとしか言えないのですが、何も考えずに見れるので良かったです。

4位[↓]:終物語

クライマックスは一気に話が動いたのでついていくのが大変でしたが、面白かったです。ただ、なんとも言えない幕引きなのはいつものことかもしれませんが、今までのアニメシリーズの中ではいちばんしっくり来なかったかも。次は年明けの『傷物語』が楽しみですね!

5位[↑]:ヘヴィーオブジェクト

戦場なのにしゃべりまくってて緊迫感がないのは相変わらず。決して面白くないわけではないですし、フローレイティアさんを見るのが楽しみなのでそこそこは楽しめています。

6位[↓]:機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

激しいバトルもあり、色んなところで恋の予感もあって盛り上がってきていますね。それにもかかわらず、イマイチ気分が乗ってこないのはやはり私にガンダムシリーズが合わないんだろうなぁと。今まで例外なくリタイアしてきた実績は伊達じゃないってところでしょうか……。

今期の表彰

ベストキャラクター賞:フローレイティア=カピストラーノ(ヘヴィーオブジエクト)

レビューでも散々言っていたので予想通りの1位の言ったところでしょうかね。見た目もキャラもめっちゃツボで最高!2クール目も美しいフローレイティアさんを拝むのを楽しみに視聴したいと思います!

ベストオープニング賞:One More Chance!!/ALL OFF(ヘヴィーオブジエクト)

毎度のことながらOPは良曲揃いで迷いますが、勢いがあってカッコいいこの曲が今期のナンバーワン。フェスなとで機会があったら生で聴いてみたいなぁとめっちゃ思います。

ベストエンディング賞:パルス/Team AA(緋弾のアリアAA)

オープニングとは打って変わって、エンディングは今回あんまり刺さる曲がなかった印象。その中でのナンバーワンはあやねるとくぎゅが歌うこの曲に。優しい歌声で、聴いていてすごく落ち着きます。

2016年も楽しいアニメライフを!

……ということで、今年も素敵なアニメをたくさん見させていただきありがとうございました!来年も楽しいアニメライフが送れますように。

ではでは、2016年冬クールの感想記事でまたお会いしましょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

 TOP