魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st 4DX上映を見てきた

「魔法少女リリカルなのは Reflection」の公開に先立ち、過去作が4DXでリバイバル上映。その第1弾である、The MOVIE 1stが公開されたので、劇場へ見に行ってきました。

久しぶりの”劇なの”

学生時代はかなり頻繁に見まくってた本作品。社会人になってからは、あまり時間に余裕がなくなったこともあり、1回も見ていませんでした。

社会人になって、社会的属性が変わってから見ると、また印象が変わる部分もあります。

例えば、アリシアを失ったプレシアのくだり。

仕事のせいで娘との時間を取れず、最後は仕事のせいで娘を失う。仕事を最優先にして、やりたいことをやらなかったら後悔するよ……というメッセージは、今だからこそ心に刺さるものですね。

4DX初体験

4DXの映画はこれが初体験でした。

席が動いたり、水が出たりするというのは聞いていましたが、思ってた以上でした。

シートベルト無くてえぇの?って思うくらい席は動く。びしょ濡れとまではいかなくても、濡れたなって思う程度には水も出る。

初見の映画、落ち着いて見たい映画には向かないですが、アトラクションとしてはなかなか面白かったです。チケット代2,500円なのもあり、2回見ようとは思わないですが……。

4DXも全力全開なスターライトブレイカー

なのはがスターライトブレイカーをぶっ放すシーンでは、座席も全力全開で動いていました。集中できねぇ!ってなること間違いなしですが、一回体験してみると面白いですよ。

やっぱり”劇なの”は名作だった

久しぶりの劇なの1st。こうして改めてスクリーンで見ると、やっぱり名作だなぁと感じました。

相手とまっすぐ向かい合い、新しい道を模索していく姿は感動。自分も、辛いことから逃げずに頑張ろうと思えるんですよね。

クライマックスで「Don’t be long」が流れ、なのはとフェイトが共闘するシーン。ここはやっぱり号泣。座席がグォングォン動きまくる中でも泣けちゃいます。

次は2nd A’s、そしてReflection……

1stに続いて、6/3から2nd A’sの4DXも上映。私ももちろん見に行く予定です。

クライマックスのお仕置きシーンでどれだけ4DXが荒ぶるのか楽しみですね。感動のシーンも多いので、久しぶりにスクリーンで見られるのが本当に嬉しいです。

そのあとは、3作目となる「Reflection」も公開となります。ゲームオリジナルのキャラも登場するなど、完全新作のストーリーになりそうなので、期待度MAX。

今夏は”なのはの夏”になりそうですね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

 TOP